コタツぬくい

ふわっと生きてるニートのアフィリエイト記録など。

2017/08の収益とか

合計 27,685,350 546,577
ASP 売上 紹介料
A 16,458,716 389,194
R 11,226,634 111,671
8(確) - 9,991
Ads - 35,478
他* - 243

+ 発生(未確定) 22,975くらい *VC,afbとか

8月は50万ちょい。

ニッパチなので例年通り下がるかと思ってたが、天気の悪い日が続いたおかげか売上も好調だった。

天気が悪いと外でお金を使わず、ネットで買い物をしてくれるから恵みの雨である。行楽で使う金がネットショッピングに流れてくる。

お出かけ日和はアフィリエイト的には有難くない。そんな日はひたすら種植え作業だ。しんどい労働である。

しかし、「農作物」は雨続きで不作でも「脳作物」は天気に左右されず育つ。種や土地の獲得も自分次第だ。自然リンクで肥料も勝手に補充される。

我々はパソコンで「脳業」をしているのだ。

男性脳、女性脳

しかし洗濯物が溜まりすぎて困った。部屋中に干すと匂いがスゴイ。エアコンの除湿と空気洗浄機2台フル稼働である。

世の奥さん方も家事、子どもたちも外で遊べずフラストレーションが溜まりまくった夏休みだったろうか。

先日、土曜の昼という最悪の時間帯にスシローへ行ってしまった。案の定、子連れが9割を越すテーマパーク化しており、「泣き叫ぶ子ども達、それをあやす親、それらに四方八方囲まれるニートとその母親」という地獄絵図が完成した。

母親というのは凄い。子供をあやしながら隙をみてサッっと寿司を自分の口に放り込む姿はもはや職人の域である。

アフィリエイトでも主婦は強い。なぜ家事や子育てと同時に作業ができてしまうのだろう。

男性脳は「シングルタスク型(一点集中型)」、女性脳は「マルチタスク型(複数同時進行型)」というのは誤りだとニュースサイト読んだけど、Twitterなどでアフィ界隈の方々のつぶやきを見ていると主婦の方のほうがマルチに作業されてるイメージが多い。

感情共感系の記事を書くのも奥様方のほうが強い。

男は問題解決!問題解決!とうるさい。一つのことをぐちぐちと言う。そして誰にも共感されない長文をひたすら書く。

カレーとか1日かけて作るもんじゃないのよ。まったくおれは駄目だチ◯ポ切って死のう。

新しいAdSense広告をテスト

f:id:urakota:20170904110124p:plain

放ったらかしであったAdSense。自分の中での優先度はかなり低い。ユーザーの離脱窓口として置いてる程度の認識で、月3万くらいの収益。そもそも取り組んでるジャンル的に単価があまりよろしくないのだけど。

ただ、あまりにも収益が横ばいなので少し改善できないものかと「関連コンテンツ」「インフィード広告」「記事内広告」で試行錯誤。

画像のとおり、AdSenseはもはやスマホファースト。PC画面で配置を考えないほうが良い。

「関連コンテンツ」は自サイト記事、広告が混じって表示されるから滞在率向上に繋がる。「インフィード広告」は関連記事の真上や真下に溶け込むように配置できる形式。

この2つは基本的に記事下までスクロールされないと表示されない、つまり記事の最後までスクロールするユーザーにしか視認されない。あたりまえだが視認率はそこまで良くない。

記事の長さにもよるが、視認率10%もあれば良いほうじゃなかろうか。

一方の「記事内広告」、これは記事途中にニンジャのように溶け込ませることで強制的に視認させることができる。導入部分近くに配置すれば80%くらいの人の目には入る。そして視認率が良いと単価の良い広告も入りやすい(らしい ≒収益が上がる

いままで記事途中にAdSenseを表示させることはしてこなかった。けど、文字数の多い圧迫感の強いページは広告を途中に入れるとクッションになる。文字の圧力を和らげてくれる。

ページ分割

また、文字数が多い場合はページ分割し、ページ遷移ボタンの近くにAdSenseという位置も効果的らしい。ページめくりの際に必ず見る場所だからね。

記事下広告も長文記事ほど視認率は悪くなり、短いほど視認率は良くなる。それらを踏まえれば分割するのは良いことだ。

、と思ってしまう。しかしだ。

分割したことによりSEO的に検索順位への影響がよくわからない。それ以外にも、悩む点は多い。

1ページでコンテンツが完結してるページは分割することで離脱してしまうのではないのかという懸念。 

1クリックして次に進むというユーザーへの負担。

判断基準が難しい。感覚でやるしかない。

(過去の記事に「ここだ!」という位置に分割タグを挿入する作業も億劫だね・・・)

そもそも負担になる文字数は受け手によって違う。2000字、5,000字、10,000字…どのラインで読む気をなくすかはジャンルやユーザー層、コンテンツ内容にもよる。

初代「iPhone」3万字レビュー | ギズモード・ジャパン

例えば専門サイトなら30,000字など自然と到達してしまうこともあるだろう。(さすがにこれは分割しないと見づらい)

《2017年》おすすめタブレットを厳選! 選ぶならこの10台は外せない - 価格.comマガジン

10,000字超えてしまっても、ランキングのような完結コンテンツは1ページがベストオブベストと思える。(ユーザーはページ内で比較するから、行ったり来たりが面倒で離脱してしまう) 

去りゆくiPod shuffleへ贈る、最後のレビュー(2017年版) | ギズモード・ジャパン

物語性があるのはどっちだろう。この場合は1ページ完結のほうが見やすい。続きを気になるような書き方なら2ページ目という手もある。

たまにPV稼ぎなのか少ない文字数で違和感のあるページ分割をみかける。そういった変な小細工をせずにユーザーが見やすい分割なら、そこまで順位は変わらないんじゃないかと思ってるけど。

そうであってほしいデスね。

アドセンス3万しか稼げてないマンの戯言なのであてにしないでくだしゃあ

SSL

これ個人サイトでやる必然性わからんなー。問い合わせフォームくらいか。
 
テストサイトで試したら表示崩れるわ、リンク修正やら面倒そうでやめてしまった。ページスピードも落ちるしなんやねん。
 
そもそも認証局って信頼できるのですかい。NAVER まとめすら認証もらって「安全」で「信頼」できるサイトとなってるわけですよ。ソース元の我々はHTTPのままなのに。
 
はー、面倒くさい。でもやってくしかないなー。やってくしかない。そのうちですなー。
広告を非表示にする