読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

URAKOTA BLOG

ふわっと生きてるニートのアフィリエイト記録など。

「ゾンビマックス!怒りのデス・ゾンビ」はDIY精神が溢れてて結構面白い

映画・ドラマ

youtu.be

「ゾンビマックス!怒りのデス・ゾンビ」はB級映画の鏡

「マッドマックス 怒りのデス・ロード」をパロったタイトルが気になって借りてみたら最高のB級映画だった。

マッドマックスにゾンビ要素を入れたらとんでもないZ級の映画になるはずだが、マッドマックスの制作費は1億5000万ドルに対して、ゾンビマックスの制作費は16万ドル。

有名な俳優を雇う金すらないから到底Z級になんてなれやしない。CGも使えないし宣伝費もない。

もはや映画が作れるか怪しいレベルの資金繰り。

じゃあ衣装や武器も全部手作りしちゃおう。お金がないならDIYしちゃえばいいじゃない!!

無名役者雇って、あとはタイトルもパクってSNSで拡散や!

この映画を作り上げたのはキアとトリスタンのローチ=ターナー兄弟とその仲間たち(キアが監督)。オーストラリアの映画オタクである彼らは、この映画デビュー作を完成させるため、衣装や小道具をすべて手作りしました。メインで活躍する“ゾンビカー”は700ドルで購入した中古トラックを改造したもの、ネイルガンやさまざまな工具もネットで中古品を探すなど涙ぐましい努力が払われています。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/kihirateruyuki/20160201-00054021/

 しばらく映画館には行ってないけれど、こういう映画はちゃんとチケット買って応援したくなる。

「総製作費ウン億円の超大作!!」と馬鹿みたいに宣伝してる映画がずっこけてるのをみると、B級映画のエネルギーを見習って欲しいもんだわい!

以下、ネタバレあり

 

スピード感があって気にならない意味不明な設定

妻と娘が死んだ!悲しんでる暇なんてねぇ!伝えたいのは人を失う辛さじゃねぇ!

電気がねぇ!ガソリンもねぇ!じゃぁゾンビを燃料にしちまおう!

妹がいねぇ!探しに行ったらアダモちゃんに仲間を殺されちまった!悲しんでる暇はねぇ!

妹に会えたけどゾンビ操ってる!なんでだよ!

なんでかアーミー達が追ってくる!おれらの血液は渡さねぇ!

A型Rh(-)に生まれてよかったぜ!行くぜ!怒りのゾンビロード!

f:id:urakota:20160724231716j:plain

完。

 

 

そんな映画でした(おい

eiga.com