URAKOTA BLOG

ふわっと生きてるニートのアフィリエイト記録など。

「甲鉄城のカバネリ」は90年代臭さがあってどこか懐かしい

 

youtu.be

春アニメの「甲鉄城のカバネリ」を今更ながらプライムビデオで見た。こういう退廃した世界観と時代劇要素は好きだからかなりツボだった。

簡単に言ってしまえば進撃の巨人+ゾンビなのかもしれないけれど、たった12話の中でサクラ大戦もののけ姫、ナディア、銀河鉄道999キャシャーンデビルマンマクロス、富野ガンダム的な要素がチラホラ出てきて飽きない。

キャラデザがなんとも90年代臭く、自分にはドンピシャなのも良かった。

カバネリのキャッチコピーは「死んでも生きろ。」だが、当時の旧エヴァ(「だからみんな、死んでしまえばいいのに・・・」)や、もののけ姫(「生きろ。」)のコピーが思い浮かんだ人もいるはず。

時代劇+スチームパンク+パニック系ゾンビ物。これだけ聞くとなんだか新しいジャンルに聞こえるけど、実際観てみると懐かしさを感じるアニメだった。

20代後半~30代のおっさんが観ても楽しめると思いまする、カバネリ。

久々に楽しめたアニメ作品でした。

無名ちゃんがかわいい。

 

広告を非表示にする